歯科に行く前に自分でできる虫歯対策を学ぼう

歯科に行く前に自分でできる虫歯対策を学ぼう

診察券

虫歯の原因はひとつではない

虫歯は甘いものを食べ過ぎるとなりやすいって思う方もいると思います。虫歯になる原因は、食べ物だけではなく他にもいろいろな原因があります。いろいろな要素があってそこに時間の経過がプラスされることで虫歯はつくられます。この要素は完全になくすのは難しいですが、ちゃんと対処しれば虫歯を予防することができます。

口元

虫歯をつくりだす細菌の力

虫歯の一番の原因としては口の中に潜む細菌です。この細菌が歯を溶かす酸を作り出して虫歯になります。中でもミュータンス菌が口の中でネバネバとした物質を出しその結果歯に細菌がこびりついて虫歯を作り出すのです。

歯型

手遅れにならないために

一度虫歯になってしまうとどれだけ歯磨きをしても自然に治すことはできません。虫歯になってから歯磨きを念入りにやる方もいますが手遅れなのです。なので、虫歯を治すためには五反田の歯科に行ってちゃんとした医師に診てもらって治療することが大事です。

虫歯にならないためにも!【自分でできる虫歯対策】

歯

虫歯対策!大事なのは歯のメンテナンス

虫歯対策として、細菌が歯にくっつくのを防ぐために歯磨きが大事です。食事と歯磨きする時間の間隔が一番細菌が発生しやすいので食後は早めに歯磨きをしましょう。歯磨きもただやるのではなく、しっかり磨き残しがないように丁寧にやることが重要です。それでも完全に細菌を取ることは難しいです。口の中を無菌状態にするのは不可能ですが、日頃の歯磨きや歯科でクリーニングすることによって細菌の量を調整することができます。

普段の食生活を見直そう

決まった食事以外でよく食べものや飲み物口にする方は気をつけましょう。細菌は糖を栄養源として繁殖します。食べ物だけでなく飲み物にも糖は含まれており、炭酸飲料など口の中がスッキリする飲み物は歯磨きを忘れがちになってしまいます。ちゃんと甘いものを食べたり飲んだりするタイミングを考えて摂取しましょう。

殺菌作用をもたらす唾液

細菌によって溶かされたエナメル質を強化して戻す働きを人間の歯はもっています。その役割をしてくれるのが唾液です。また唾液を出すことによって口の中の菌を殺菌してくれる役割もあります。唾液を出すためにもよく噛んだり口の中が乾燥しないように、こまめに水を飲んだりすることが大切です。

最終手段として

自分の虫歯対策に不安があり心配な方は、歯医者の医師に診てもらったり自分の虫歯対策についてのアドバイスをもらってみることも大切です。自分では隅々まで口の中を見ることができないので専門の医師に力を借りるのも一つの虫歯予防です。

広告募集中