裏側矯正の特徴【きれいな歯を取り戻すために】

裏側矯正の特徴【きれいな歯を取り戻すために】

矯正

裏側矯正ってどのようなものなのか

裏側矯正とは、文字通りに歯の裏側から矯正していくことです。歯の裏側に装置を付けるので矯正しているのかぱっと見た感じではわからず、目立たない治療法です。なので、矯正しているのを人に気づかれたくない人にはお勧めの治療法でしょう。

歯

裏側矯正での装置の付け方

表からの矯正の場合、そのまま矯正装置を付けることができますが、裏側の場合直接目で見えないために間接法で矯正器具を取り付けます。歯の型を取ってその型を元に矯正装置をつくって装着します。手間はかかりますが、自分だけの矯正器具ができるのです。

表側矯正と裏側矯正を比べてみました

表側矯正の場合

表側につけるので多少目立ちます。また喋る際に違和感を多少感じますが、すぐに慣れることが多いです。慣れるまでは硬いものが食べにくかったり、装置が口の中に当たって口内炎が出来たりすることもあります。

裏側矯正の場合

裏側につけるため、器具を付けているのが目立たないのが最大のメリットです。ただ、表側に比べて喋るときに違和感や発音に影響があります。食事も慣れるまで多少は食べにくく感じ、装置が舌に当たるために舌を傷つけてしまうことがたまにあります。

広告募集中